Sewing box

裁縫道具に合わせた仕切り収納はソーイングボックスならでは

裁縫道具を一つにまとめる便利なツールとしてソーイングボックスがあります。ひと昔前では裁縫箱、お針箱なんて呼んでいたかもしれません。裁縫道具として欠かせない道具たちを上手に収納し、使う時には機能的に使いやすく出したい。
そんな時には、やはりソーイングボックスが最適です。中にはソーイングボックスを持たず、お菓子の大きめの空き箱や空き缶などで代用していることもありがちですが、そうした代用品は、大容量でたくさん入れられるメリットはあるものの、中で糸や針、糸切り用の小型のハサミなどこまごました裁縫道具が他の道具やハギレにまぎれて行方不明になることも。それをいちいち探すのが億劫で裁縫自体が苦手になってるとしたら、ちょっともったいない話です。
やはり、道具を整理しやすいよう仕切りのつけられたものの方が断然使いやすさが違います。針山や糸をしまうのにちょうどいい大きさであったり、裁ちバサミなどの細長い道具に合わせた間仕切りがきちんとついててくれているのが、まさに裁縫道具の使いやすさのために作られたソーイングボックスの利点。ソーイングボックスで検索すれば、手芸専門店の通販サイトで、木製、布張りのもの、ブリキ素材のものなど、オシャレで機能的なものがいろいろ見つかります。せっかくの裁縫道具が楽しく使えるよう、専門通販で購入してみてはいかがでしょうか。

INFORMATION

NEWS

Top